湯河原の魅力

疲れた心と体に、安らぎとくつろぎを与える
都心からわずか1時間の、癒しの場

古くは万葉集にも詠まれるほど歴史ある温泉地、湯河原。
長く”秘湯”の趣を持ち、その泉質は「傷の湯」と讃えられ
武士が傷を癒す湯治場でもありました。 百年前の明治36年当時の湯河原温泉場付近 湯河原温泉 源泉上野屋 所蔵
湯河原温泉 旅館

湯河原の歴史と文学

都会からすぐの保養地として文化人に愛されてきた湯河原

湯河原は、夏目漱石の遺作「明暗」の主要な舞台として描かれています。豊かな自然と清らかな水、海の幸、そして静寂なたたずまいは、都会からすぐに行ける保養地として、歌人・文人にこよなく愛されてきました。彼らが定宿(じょうやど)にしていた旅館を訪れ、当時の趣を味わうのも湯河原の魅力の一つです。
昭和の始め、作家 島崎藤村が「夜明け前」執筆の疲れを癒したのが湯河原の常宿「伊東屋」。当時を偲ぶ大福帳が残されている。

豊かな自然の中で深いリラックス

泉質の良い源泉から湧き出る温泉が数多く点在。山間の山林には森林浴と景観を愉しめる遊歩道やハイキングコースがあり、万葉公園や滝、神社の大木などのパワースポットも!海岸線も近く、夏は海水浴を愉しめます。
湯河原の豊かな自然
湯河原の豊かな自然湯河原の豊かな自然湯河原の豊かな自然
魚料理

相模湾の海の幸、湯河原の水による健康美食

温泉につかりながら、おいしい水と海の幸・山の幸を味わい、身体も心もリラックス。
湯河原 相模湾
湯河原がよみがえるrenovation
古きを愛し、ゆったりとした時間が流れる湯河原温泉は
いま、リノベーションの時期を迎えています。